AX 脱毛症の症例と改善法 | ケアする前の基礎知識

脱毛症の症例と改善法

若年性脱毛症の症例と改善法

若年性脱毛症は、10〜30代前半に始まる抜け毛の症状を言いますが、

まだハゲ始めるような年齢でないのに薄毛になる総称でもあります。

 

男性の場合は、おでこや頭頂部から抜け毛が始まり、

女性の場合は、髪全体が薄くなっていきます。

 

生活習慣の乱れやストレスやによって抜け毛が始まる場合もあれば、

AGA(男性型脱毛症)や脂漏性皮膚炎の場合もあります。

 

脂漏性皮膚炎になっているのであれば、頭皮が赤く炎症を起こしたり、

痒くなりフケが多くなったりしますので、皮膚科で受診されたほうがよいでしょう。

 

生活習慣の乱れやストレスが原因であれば、不規則な生活習慣を改めたり

カウンセリングなどを受けて心の悩みを解消することで治ることが多いです。

 

AGAの場合は、育毛剤を使用するなどして早めにケアすることで大方改善

できます。

 

AGAは、一般には、20代から発症しますが、特に40代を過ぎると発症率が高く

なります。

 

次の統計でお分かりになると思いますが、20代以降の日本人男性の3人に1人は

AGAになっています。

 

脱毛症,症例と改善法,スカルプケア

 

 

 

 

産後の抜け毛

女性において産後3ヶ月くらいに抜け毛が多くなることがあります。

 

これは女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。

 

女性ホルモンには。プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の

2種類があり、どちらも卵巣でつくられます。

 

プロゲステロンは、妊娠を安定させ流産を防ぐはたらきがある半面、

精神的に不安定になりイライラの原因になったりします。

 

エストロゲンは、女性らしさを演出するホルモンであり、妊娠中は

母乳を作るための乳腺の発達を促します。

 

妊娠中は、胎盤の成長により2種類の女性ホルモンの分泌量が増加

しますが、出産を期に女性ホルモンの分泌量が減少します。

 

特に、エストロゲンのほうの急速に減少していきます。

 

代わりに脳下垂体からプロラクチンというホルモンが多く分泌されます。

 

脱毛症,症例と改善法,スカルプケア

 

 

これは、エストロゲンには母乳の分泌を抑制しますが、

プロラクチンには母乳の分泌を促進するはたらきがあるからです。

 

これらの出産時にホルモンのバランスが乱れることによって、

体がついていけなくなります。

 

妊娠後期に成長期の毛髪が増え、これが出産後同時に休止期に

入ると出産後3〜4ヶ月に急に抜け毛が増えます。

 

通常は、産後6ヶ月〜7ヶ月から1年でもとの通りに戻ります。

 

しかし、抜け毛が続くようですと、ケアしたほうがよいでしょう。

 

とくに、2人目以降の出産の場合、ホルモンの乱れによる抜け毛から

びまん性脱毛症に進むことがありますので、抜け毛がひどければ、

産後の女性育毛剤を使って早めにケアしたほうがよいです。

 

 

 

壮年性脱毛症の症例と改善法

壮年性脱毛症は30代後半から50代に抜け毛が始まる症状で、

年齢が高くなるにつれてハゲでいる部分が多くなります。

 

男性は、ほとんどの場合、AGA(男性型脱毛症)になっていると言ってよいでしょう。

 

AGAは、おでこの生え際が後退する、いわゆるM字ハゲになるタイプと

頭頂部のつむじあたりから薄毛が広がるタイプがありますが、大抵の場合、

M字から頭頂部へ抜け毛・薄毛が移行していきます。

 

脱毛症,症例と改善法,スカルプケア

 

 

 

女性は、産後などを場合をのぞいて、FAGA(女性型脱毛症)と呼ばれる、

いわゆる"びまん性脱毛症"になっていることが多いです。

 

びまん性脱毛症は、髪の分け目あたりから抜け毛が始まり、髪全体が

少しずつ薄くなるという特徴があります。

 

壮年性脱毛症が発症する原因は、男性も女性もホルモンの影響を強く受けます。

 

男性の場合は、いわゆる悪玉男性ホルモンと言われる、DHT(ジヒドロテストロン)

によって毛根が萎縮されヘアサイクルの退行期を早め抜け毛が進行されます。

 

AGA治療においては、男性ホルモン対策がもっとも重要になりますが、

そのために医薬品プロペシアを使うと男性機能を劣化させるなどの副作用が

ありますので、副作用のないキャピキシル育毛剤を使用されることをオススメします。

 

女性のびまん性脱毛症は、男性ホルモンDHTの影響を受けることはありますが、

それよりも年齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって

抜け毛が進行します。

 

大豆などに多く含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと同じようなはたらきをします

ので、イソフラボンを摂取することで改善されることが多いです。

 

ただ、女性は男性よりも頭皮が敏感ですので、無添加の天然成分だけで作られた

女性専用育毛剤を使用されることをオススメします。

 

男性、女性の両方にあてはまることは、育毛剤などを使ってケアされるのであれば、

早いほうが改善しやすいということと、いったん育毛生活を始めると決めたら、

髪の毛によい食生活をしたり、有酸素運動を取り入れたりすることが大切です。

 

 

 

 

老人性脱毛症の症例と改善法

老人性脱毛症は60代以降に発症します。

 

若年性脱毛症や壮年性脱毛症と同じように、AGAやFAGAの症状であることも

ありますが、細胞自体が老化して起きる老化現象であることもあります。

 

老化現象であれば、AGAのように部分的に抜け毛が進行するのとは違い、

髪が細くなりハリとツヤがなくなって、頭髪全体が薄くなっていきます。

 

しかし、有名な育毛クリニックの治療例では、AGA治療を受けている患者の

年齢層でもっとも多いのが60代だそうです。

 

私は50代でキャピキシル育毛剤を使って頭頂部の薄毛の改善をやろうかどうか

悩んだことがありましたが、これで若返ったら嬉しいと思いトライしてみて本当に

良かったです。

 

平均寿命が伸びて高齢化社会になっている今、これから、60代以降の男性で

AGA治療をされる方が、ますます増えてくるのではないかと思います。

 

AGA治療といっても専門の育毛クリニックに通わなくとキャピキシル育毛剤のような優れた発毛力がある育毛剤を使用して食生活の見直したり有酸素運動を取り入れる

などして育毛生活を送っていけば、元気な髪の毛を取り戻せることでしょう。

 

 

 

医療の専門機関で治療するべき脱毛症

【脂漏性脱毛症】

 

症状:フケが増えることで毛穴がつまって、抜け毛が増えます。

 

改善法:薬用シャンプーや育毛剤などでも改善できますが、

     まずは皮膚科を受診すべきでしょう。

 

 

【円形脱毛症】

 

症状:ストレスなどが引き金になって、前触れもなく突然円形や卵型に

    髪の毛が抜けます。

 

    脱毛箇所は1ヶ所だけでなく、数ヶ所に及ぶこともあります。

 

改善法:専門の医療機関で処方やカウンセリングを受けるべきです。

 

 

【抜毛症(トリコチロマニア)】

 

症状:自分で自分の髪の毛掻きむしる病気です。

 

改善法:情緒障害やストレスが原因で起きます。専門の医療機関などで

     カウンセリングを受けるべきでしょう。

 

 

【薬剤による脱毛症】

 

ミノキシジルは、厚生労働省が発毛効果があると認可している医薬品ですが

頭皮に炎症を起こすことがあります。

 

頭皮に炎症が起きていると、そこからは新しい髪の毛は生えてこなくなり、

古い髪の毛は抜けていきます。

 

国内で製造されている育毛剤では、大正製薬のリアップがありますが、

ミノキシジルが含まれてます。

 

ミノキシジルを使用して頭皮がかゆくなったり赤くなった場合は、

使用を止めて炎症が治まるのをまって、キャピキシル育毛剤のように

副作用がない育毛剤を使うようにしましょう。

 

抗ガン剤によるびまん性脱毛症はよく知られています。

 

抗ガン剤の場合は、成長期に起きる脱毛ですから、

防ぐことは難しいです。

 

その他にも、薬物による脱毛はありますので、

頭皮に以上が起きたり、抜け毛が酷くなるようでしたら、

服用している薬品の名前を控えて皮膚科などの専門機関で

受診されることをお勧めします。