AX 成長因子の効果 | HARG療法の現状と課題

HARG療法で使用される成長因子の効果

成長因子グロスファクターとは

成長因子(グロースファクター)は、体の内外の細胞を刺激して細胞分裂

を促すタンパク質の一種です。

 

本来、人間に体内で生産されるものですが、年齢とともに生産力が衰え、

細胞分裂が遅れ、さまざまな老化現象を引き起こしていきます。

 

新しい細胞が生まれるときは、必ず細胞分裂を促す成長因子が

働くことになります。

 

また、成長因子は、細胞分裂を活発化するだけでなく、

次のようなさまざまな働ききをします。

 

・血行促進(血流促進)

・新陳代謝の促進

・抗酸化作用

・免疫カ強化

・ホルモンバランスの調整

・自律神経の調整

・疲労回復

・精神安定

成長因子が細胞分裂を活性化するしくみ

成長因子,再生医療,HARG療法

成長因子によって、毛乳頭が毛母細胞へ発毛指令を発信をサポートしたり、また毛細血管などの機能が向上し、毛髪の再生が促進されます。

 

毛乳頭が毛母細胞へ発毛指令を与えると、ヘアサイクルの休止期段階にある毛母細胞は、再び成長期へと移行したり、成長期段階にある毛母細胞は活動をさらに活発化します。

 

ただし、成長因子は、発毛への働きかけが中心ですので、AGA(男性型脱毛症)が原因の脱毛防止には力を発揮できないことがあります。


発毛を促進する成長因子には、どんな種類があるの?

人間の体の内外の細胞の分裂を促進する成長因子はたくさんありますが、

発毛を促進する代表的な成長因子には、次のようなものがあります。

 

KGF(ケラチン細胞増殖因子)

 KGFは、発毛促進因子とも呼ばれ、すぐれた成長因子です。毛母細胞の分裂と増殖を助け発毛を促進するだけでなく、

 頭皮には新たな角質細胞を作りだし、頭皮や顔面のたるみをなくします。

 

IGF-1(インスリン様成長因子1)

 IGF-1は、人間の体内では成長ホルモンの分泌とともに生成されますが、

 頭皮に直接浸透させることで、毛母細胞や毛根を若返らせることができます。

 

IGF-2(インスリン様成長因子2)

 IGF-2には、毛母細胞の分裂や生成を助け、薄毛や抜け毛を防止するはたらきがあります。

 

THYMOSINβ4(シモチンβ4成長因子)

 バルジ領域にある毛根幹細胞を毛乳頭に運び、毛母細胞として働くことを助け、

 ヘアサイクルの休止期を終わらせ、成長期に導きます。

 

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

 毛母細胞や毛乳頭に栄養素を送り込む毛細血管を新たに作り出すとともに、

 ヘアサイクルの休止期を終わらせ、成長期に導くます。

 

bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)

 非常にすぐれた血管新生作用をもち、頭皮の血流を改善し、毛包を活性化し育毛を促進します。

 

 

成長因子,再生医療,HARG療法

 

 

プラセンタエキス 

 プラセンタは雌馬の子宮から抽出した成分ですが、それを発酵させたプラセンタエキス

 には、FGF(繊維芽細胞増殖因子)とEGF(上皮細胞増殖因子)の2つの成長因子が 

 含まれることが分かっています。 

 

成長因子が配合されているキャピキシル育毛剤の比較

発毛を促進する成長因子が配合されているキャピキシル育毛剤は、

フィンジア、BOSTONスカルプエッセンス、Deeper3Dの3つがあります。

 

その中で成長因子をもっとも豊富に配合しているのは、Deeper3Dです。

 

以下、配合されている成長因子の一覧を表にまとめました。

 

 

成長因子,再生医療,HARG療法

 

上記表を見ますと、キャピキシル育毛剤に配合されている成分成長因子については、

Deeper3Dが最も種類数も内容が充実していて、フィンジアには配合されていないこと

が分かります。

 

ただし、フィンジアには成長因子に匹敵するはたらきをするカプサイシン、

BOSTONスカルプエッセンスにはノーベル賞受賞成分のフラーレンが配合

されていることを考えると、成分においてはフィンジア、BOSTONスカルプエッセンス、

Deeper3Dは甲乙つけがたい配合になっていると言えます。

 

なお、上記表に載っている成長因子が、前述した代表的な成長因子とは多少異なって

いますので、その内容の詳細については、それぞれの育毛剤の成分と口コミのページ

をご参照願います。

 

BOSTONスカルプエッセンスの成分と口コミ

 

 

Deeper3Dの成分と口コミ

 

 

THE SCALP5.0の成分と口コミ

 

毛髪再生医療のHARG治療の現状と課題

成長因子,再生医療,HARG療法

HARG療法は育毛クリニックなどで行われている、最先端の毛髪再生医療であり、

人間の組織を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入します。

 

成長因子と同時にHARGカクテル(ビタミンB、ブフロメシル、システィン)も注入し、毛包を蘇らせ、毛母細胞を刺激して、分裂・増殖を助け発毛を促進させます。

 

成長因子の投入法としては、炭酸ガスの噴射による圧力で

先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を皮膚の中に散布するので、

針を使った注入法と比べて痛みは70%軽減されるので麻酔は不要です。

 

AGA(男性型脱毛症)がプロペシアを始め男性のみに効果が認められ、

女性には副作用の心配があることから使用できなかったのが、

HARG療法は女性にも副作用の心配がなく施術することができます。

 

発毛の効果が現れ始める時期については個人差がありますが、

3〜8ヶ月で効果が現れ、髪の毛にハリとコシが出てきて、

半年〜1年もするとかなり髪が生えてきている状態になります。

 

治療期間は、4週間に1回で6回(約半年)1クールとして、

1〜2クールの治療を受けることになります。

 

気になる治療期間と費用ですが、以下のようになっています。

 

成長因子,再生医療,HARG療法

 

HARG療法の課題としては、成長因子の効果が未知数であり、

注入方法が注射ではなく炭酸ガスの噴射に頼っていること、

費用が高いわりに大した効果が現れないことがあることなど

があげられます。

 

成長因子は、発毛促進が中心でAGA(男性型脱毛症)が原因の脱毛防止には

力を発揮できないことがあり、その場合は、AGA治療 を併用することになります。