AX 厚生労働省認可育毛剤Vsキャピキシル育毛剤

厚生労働省認可育毛剤Vsキャピキシル育毛剤

厚生労働省から医薬品と認可された育毛剤とは

一般に、わが国の厚生労働省の認可を申請してから受けるまでに5年〜10年ぐらい

かかり、調査や臨床実験などに費用も相当かかります。

 

厚生労働省の医薬品の認可を受けると、社会からの信頼が上がり販売率が上がる

ので、販売会社は厚生労働省の認可を受けられるよう企業努力をします。

 

育毛剤について、厚生労働省から医薬品として認可されるためには、

発毛促進をする成分が含まれてるかどうかにかかってきます。

 

厚生労働省から医薬品としての育毛剤に認可されているのは、

国内製造では大正製薬リアップX5プラス ローションだけです。

 

医薬品だからと言って、医師の処方箋が必要なわけではなく、

薬局をはじめ何処でも手に入れられます。

 

大正製薬が、国内生産の中で厚生労働省から医薬品と認定された

唯一の育毛剤であることを売りに、発毛促進ができる育毛剤はリアップ

だけだと宣伝していますが、確かに一定の発毛効果はあるようです。

 

それゆえ、リアップは育毛剤としてでなく発毛剤に分類されることがあります。

 

リアップに含まれる発毛成分は、ミノキシジルという化学成分ですが、

本来高血圧症の治療のための血圧降下剤として開発されました。

 

ところが、ミノキシジルには二次的に発毛を促進する効果があること

が分かり、育毛剤や育毛サプリメントに配合されるようになりました。

 

ミノキシジルの副作用としては、血管が拡張して低血圧の症状が起きたり、
髪の毛以外の体毛が濃くなったり、頭皮に炎症が起きることがあります。

 

口コミを見ても、リアップX5を使用して頭皮がかゆくなったというのが

結構あります。

 

また、ミノキシジルは頭頂部ハゲにはよく効くが、M字ハゲには

効果がないと言われています。

 

プロペシアやミノキシジルについては、国内では製造しておらず、

海外から輸入しますが、厚生労働省は発毛効果のある医薬品として

認定しており、医師の処方箋があれば、薬局で購入できます。

 

国内製造の育毛剤でリアップ以外は、医薬部外品としての育毛剤
に分類されることが多いです。

 

厚生労働省が育毛剤の中で、医薬品と医薬部外品に分けた基準としては、
医薬品が化学成分が使われ副作用も生じるのに対して、

医薬部外品は天然成分が使われ副作用はほとんど生じない

ということで区別しています。

 

したがって、医薬品のほうが医学部外品より効果があるという意味でありません。

 

医薬部外品の育毛剤であっても、厚生労働省が発毛促進の効果があると認定

した成分が含まれている育毛剤がありますので、以下ご紹介していきます。

 

厚生労働省が発毛促進があると認可した成分とは

厚生労働省に育毛、発毛に有効な成分として認可されているものは、

以下のようなものがあります。

 

一般に、厚生労働省から発毛に有効と認定された成分を含む育毛剤は、

「厚生労働省認可○○○○○」や「薬用○○○○○」と名称をつけることが

許されますので、一般の人からの信頼もそれだけ高くなります。

 

 

○天然成分

 

・「センブリエキス」

リンドウ科のセンブリから抽出したエキスで漢方薬にも使われます。

血流の改善や毛細血管の拡張に効果があります。

 

・「オウゴンエキス」

シソ科のコガネバナの根から抽出したエキスです。抜け毛の原因

となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の元に

なる、5aリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

 

・「エビネランエキス」

エビネランというラン科の植物から抽出したエキスです。

頭皮の保湿作用、抗菌作用、血流促進作用があります。

 

・「M-034」

北海道日高地方産の三石昆布から抽出したエキスに含まれ、

医薬品のミノキシジルと同等の効果があるとされています。

毛根を刺激してハリとコシのある毛髪を育てる効果があります。

 

○化学物質

 

・「プロペシア(フィナステリド)」厚生労働大臣認可発毛剤(医薬品)

プロペシアは、本来、前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

副作用として、抑うつの症状、精巣痛、射精障害、勃起不全などの

男性機能の障害、肝機能障害、発疹、そう痒症、じんま疹、顔や唇の

腫れなどの過敏症が現れることがあります。

 

・「ミノキシジル」厚生労働大臣認可発毛剤(医薬品)

第一製薬リアップの主成分です。ミノキシジルは、本来、血圧降下剤

として製造された医薬品ですので、血管が拡張して低血圧の症状が起き

たり、髪の毛以外の体毛が濃くなったり、頭皮に炎症が起きるなどの

副作用が起きることがあります。

 

・「塩化カルプロニウム」

第一製薬のカロヤンに含まれています。胃腸薬として使用されていた

血管拡張作用のある成分です。外用として頭皮に塗布することで毛母

細胞を拡張し血流を増加させること が期待されています。

 

・「アデノシン」

資生堂アデノゲンの主成分で発毛促進因子を生み、毛母細胞を活性化

して発毛を促進する働きがあるとされています

 

・「 ペンタデカン酸グリセリド」

発毛エネルギーの供給成分であるペンタデカン酸グリセリドが、

髪の毛の元とな るタンパク質の合成に必要なエネルギーを供給し、

抜けにくい髪の毛に育てる作用があるとされています。

 

・「塩酸ジフェンヒドラミン」

炎症・鎮痛作用があるとされています。頭皮の皮脂が酸化して炎症が起きるのを

防ぎます。育毛剤の他に、風邪薬や鼻炎薬、抗ヒスタミン剤として使われます。

キャピキシルは、厚生労働省認可の成分か?

キャピキシルが、2011年にカナダの化粧品メーカーのLUCAS MEYER COSMETICS社

(ルーカス・マイヤー・コスメティクス社)でから発表され、全世界にその効果が口コミで広まり、

各国で育毛剤が製造されています。

 

日本では、2015年4月から製造発売され始めましたが、厚生労働省からその効果

が認可されるまで通常5〜10年からかかるため、未だ認可されていません。

 

そのため、キャピキシル育毛剤は、国内では医薬品でも医薬部外品でもなく

化粧品の扱いになります。

 

しかし、医薬部外品が医薬品よりその効果が劣っているわけではなく、

同様に化粧品が医薬品や医薬部外品より効果が劣っているわけでもありません。

 

また、医薬部外品にすると配合する成分、薬事法上の制約を受けますが、

化粧品だとそのような制約がなくなり、成長因子(グロスファクター)の配合が

できるようになります。

 

キャピキシル育毛剤の発毛力は、医薬品ミノキシジルの3倍があることが実証され、

BOSTONスカルプエッセンス のように日本肌再生医学会からその効果が認定された

育毛剤もあり、医学界から注目を浴びでいます。

 

実際、美容外科などの育毛クリニックでもキャピキシル育毛剤を患者に使用している

ところも出てきていますので、今度大いに期待できる新しい育毛剤と言うことができます。

キャピキシル育毛剤 Vs厚生労働省認可育毛剤

結論から先に言いますと、配合されている成分と効果においては

キャピキシル育毛剤 のほうが厚生労働省認可の育毛剤よりも

断然に優れています。

 

以下、その理由について述べていきます。

 

1.キャピキシルの発毛促進力は、医薬品ミノキシジルの3倍

 

 また、ミノキシジルのような低血圧の症状や頭皮がかゆくなって炎症を

 起こしたりする副作用はいっさいありません。

 

 キャピキシルは医薬品ではなく化粧品ですが、すでにここで勝負が決まって

 しまいます。

 

 ですから、キャピキシル育毛剤はミノキシジルやそれを配合したリアップX5

 よりも優れた育毛剤ということです。

 

 

2.キャピキシルは、男性ホルモンDHTの生成を抑制するビオカニンAを合成

 

  医薬品のプロペシア(成分名フィナステリド)にも男子ホルモンDHTの生成

  を抑制するはたらきがありますが、勃起不全などの男性機能の障害、

  肝機能障害などの副作用があります。

 

  キャピキシルには副作用がありませんので、プロペシアよりも優れています。

 

  プロペシアの副作用は、服用後も後遺症として残ることがあり、海外では

  製造元に集団訴訟を起こしているところもあります。

 

  アメリカの行政機関のFDAは、プロペシアの製造元のメルク社に対して

  「勃起不全や健全な精子が造られなくなるなどの男性機能の障害が

  副作用として明記すること」の執行命令を下しました。

 

  日本では、育毛クリニックや皮膚科などでAGA治療薬の定番として、

  当たり前のように処方されていますが、非常に危険なことです。

 

  男性ホルモンDHTの生成を抑制 することができるのはプロペシアだけでなく、

  アカツメクサ花エキスやオウゴンエキス、ヒオウギエキスなどの優れた天然

  成分があるのですから、プロペシアに頼る必要はまったくありません。

 

 

3.ピディオキシジルはミノキシジル誘導体で副作用なし

 

  キャピキシル育毛剤の中で、フィンジアと BOSTONスカルプエッセンスは

  ピディオキシジルを配合しています。

 

  キャピキシルは、人工的にミノキシジルの分子に成長因子のシアル酸や

  EGFを合成してできた成分ですが、ミノキシジルと同様の効果があるのに、

  ミノキシジルのような副作用はありません。

 

  この点でも、ピディオキシジルを配合したキャピキシル育毛剤は、

  ミノキシジルよりも優れています。

 

4.最先端の毛髪再生医療HARG療法で使用している成長因子を配合

 

  キャピキシル育毛剤は、日本では化粧品の扱いになりますので、厚生労働省

  認可の医薬品や医薬部外品のように定められた成分で定められた濃度で配合

  しなければならなくなる規制は緩和されます。

 

  そのため、キャピキシル育毛剤には、細胞が分裂して新し細胞をつくるときに

  必要になる成長因子(グロスファクター)も配合できることになります。

 

  成長因子については、副作用はほとんどなく、その安全性から、再生医療

  に活用され、育毛クリニックではHARG療法として利用されています。

 

  成長因子が配合されているキャピキシル育毛剤は、BOSTONスカルプエッセンス、

  Deeper3D、THE SCALP5.0がありますが、成長因子が毛母細胞を活性化

  できることになり、その効果が期待されています。

 

 

以上、キャピキシル育毛剤が厚生労働省認可育毛剤よりも優れている理由を

述べましたが、厚生労働省認可の育毛剤よりも若干お値段が高いのが欠点です。

 

しかし、育毛クリニックに通って治療するよりも、格安の費用で発毛を促進できるので、

私たち一般の庶民にとっては、大変ありがたい育毛剤が登場したということです。

 

以下、厚生労働省認可の育毛剤をいくつかご紹介していきます。

薄毛対策育毛剤「チャップアップ」

M字型だけでなく、O字型、 U字型、混合タイプの薄毛全般に対応し、

しかも男女兼用育毛剤です。


チャップアップには厚生労働省から発毛効果のあると

認可された天然成分M-034(海藻エキス)が含まれ、

リアップに含まれるミノキシジルと同等の効果があります。


また、脱毛因子である男性ホルモンDHTを抑えるヒオウギエキスや

頭皮を柔らかくするヒキオコシエキスなどの成分は含まれていて、

キャピキシル育毛剤以外では最も人気の高い育毛剤です。

 

チャップアップの成分と口コミの詳細については、

こちらをクリックしてご覧いただければと思います。

 

⇒チャップアップ成分と口コミ

 

 

 

対応薄毛:男女兼用 M字型・O字型・U字型・混合タイプ

 

単品購入価格:7400円(税込・送料660無料)

 

定期購入の場合は、毎月9090円(サプリ付・税込・送料無料)。

育毛剤のみの定期購入の場合は、2ヶ月毎に12000円(税込・送料無料)

※定期購入はいつでも解約できますが、発送日の2週間前には要解約。

 

 

 

薄毛のまま終わるのか?



⇒薄毛対策育毛剤「チャップアップ」

 

 

 

 

 

濃密育毛剤BUBKA

BUBUKAとチャップアップは発売元は違いますが、

製造元が「株式会社天真堂」で同じですので、

成分はほとんど同じです。

 

チャップアップとの違いは、育毛剤の成分をナノ化(低分子化)して

毛乳頭に届きやすくしていること、2014年10月からM-034を60%

増量して育毛業界トップの濃度にしたことなどがあります。

 

価格のほうは、チャップアップよりが高くなっていますが、

成分と口コミについては、チャップアップよりも優れていると言えます。

 

 

対応薄毛:男女兼用 M字型・O字型・U字型・混合タイプ

 

単品購入価格:16200円(税込・送料無料)

定期購入の場合は、今なら初回限定で5960円(サプリ付・税込・送料無料)。

定期購入2ヶ月目からは、11664円(サプリ付・税込・送料無料)

※定期購入はいつでも解約できますが、発送日の10日前には要解約。

 

 


 

⇒濃密育毛剤BUBKA

 

 

無添加育毛剤イクオス

2016年9月に大リニューアルしています。

 

厚生労働省認可の発毛成分としては、M-034とオウゴンエキスが

含まれています。

 

今までのM-034に加え、海藻同じ海藻エキスのペルベチア

カナリクラタエキスを配合して開発した新成分アルガス-2が売りで、

キャピキシルよりも強力であると宣伝しています。

 

この育毛剤の特徴は即効性にあり、3ヶ月以内に効果を実感できる人の

割合がミノキシジル配合育毛剤が43%、キャピキシル育毛剤が56%に対して

76%にまでになると自社モニターの調査結果を発表しています。

 

他にも、髪の毛に必要なアミノ酸が16種類、老化防止(エイジングケア)の

成分が7種類含まれているなど、成分も充実して無添加で頭皮環境の保全に

も配慮されています。

 

さらに,成分がナノ化(超微粒子化)されていて,頭皮や毛根に吸収

されやすくなっています。

 

大リニューアルしたイクオスは、通常単価12800円のところを定期購入

を申し込むと初回が4980円で2回目以降が8980円でず。

 

定期購入を申し込むと、おまけにつくイクオスサプリEXの成分は46種類で、

チャップアップの32種類、ブブカの13種類を大きく上回っています。

 

半年間定期購入した場合の費用は、49880(税込・送料無料)です。

 

返金保証は、45日間あります。

 

 

育毛剤イクオス

 

⇒天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

 

 

 

M字ハゲのための薬用育毛剤プランテル

M字型専用だけあって、配合成分はM字ハゲに一番効果的になるように

最適化され、厚労省認可の発毛促進成分としてM−034とセンブリエキスが

配合されています。

 

そして、プランテルは天然成分だけを配合した完全無添加育毛剤で

M字ハゲにはうってつけの育毛剤です。

 

価格的も定期購入すると50日分で6980円と抑えられていて、

効果が現れなければ全額返金保証付で良心的です。

 

単品購入:8200円(送料・手数料無料)

定期購入:6980円(送料・手数料無料)

返金保証:あり

対応薄毛:男性のM字型のみ  

 

 

⇒M字型のための薬用育毛剤プランテル

 

薬用ポリピュア

チャップアップ、BUBKA、プランテルは、完全無添加育毛剤であり、

天然成分がいろいろ配合されているのに対して、ポリピュアは化学成分が含まれ、

配合されている成分はとても少ないです。

 

薬用ポリピュアの広告ではブランドや知名度ではないと記載されています。

 

厚生労働省認可の発毛促進成分としては、センブリエキス

男性ホルモンのはたらきを抑える成分としてヒオウギ抽出液が

含まれています。

 

最近になって毛乳頭に直接は働きかけると言われるバイオポリン酸を

30%増量しましたが、効果のほどは未知数です。

 

口コミを見ると、2ヶ月使用しても、まったく効果が現れないとか、

使用後、乾燥すると髪の毛が束になってバリバリするというのが結構ありました。

 

 

単品:7800円 (2ヶ月分 送料650円)  定期購入割引有

対応薄毛:男女兼用 M字型・O字型・U字型・混合タイプ

 

 

⇒育毛剤【薬用ポリピュア】

 

 

 

 

経済産業省が共同開発したナノインパクトプラス

ナノインパクトプラスの最大の特徴は、毛穴の大きさの150万分の1にナノ化

したカプセルが浸透することです。

 

厚生労働省認可の発毛促進する成分としては、センブリエキスとオウゴンエキス

があり、天然の有効成分が合計39種類配合されています。

 

ホソカワミクロンと経済産業省(NEDO)と岐阜薬科大学が共同で開発

した育毛剤だけあって、充実した内容になっています。

 

口コミをみると、40〜50代の方がほとんどで、2〜3ヶ月目で効果が

現れ始めているようです。

 

定期購入だけ(随時解約可) 毎月7560円(税込・送料・代引手数料無料)

対応薄毛:男女兼用 M字型・O字型・U字型・混合タイプ

 

ナノインパクト

 

⇒薬用ナノインパクトプラス