AX キャピキシル育毛剤はミノキシジルの3倍の効能か?

キャピキシル育毛剤はミノキシジルの3倍の効能か?

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社発表データ

キャピキシル育毛剤,ミノキシジルの3倍,発毛力

img src="../img/akatumeIMG_00891.jpg" alt="キャピキシル育毛剤,ミノキシジルの3倍,発毛力" />

 

キャピキシルと言われも、いったい何のことが分からないという方が多いと思います。

 

キャピキシルとは、カナダの化粧品メーカーのLUCAS MEYER COSMETICS社(ルーカス・マイヤー・コスメティクス社)が開発した成分のことです。

 

キャピキシルは、天然植物のアカツメ草を主成分として医薬品のような副作用がありません。

 

アカツメクサには、抜け毛を促進する男性ホルモンDHTの生成を妨げるビオカニンAが豊富に含まれます。

 

ビオカニンAは、女性ホルモン同様のはたらきをするイソフラボンの一種です。

 

また、キャピキシルには、このアカツメクサから抽出したビオカニンAの他に

毛母細胞の修復に必要な4つのアミノ酸からできるアセチルテトラペプチド-3

が含まれています。

 

アカツメクサとアセチルテトラペプチド-3を合成してできたキャピキシルは、

育毛クリニックや皮膚科で処方されるミノキシジルの3倍の発毛シグナルを

出すことが臨床実験で確かめられています。

 

 

キャピキシル育毛剤,ミノキシジルの3倍,発毛力

 

※上記表は、LUCAS MEYER COSMETICS社が公表しているものです。

 

 

キャピキシルが、カナダで製造されて以来、その効能が口コミで広まりました。

 

わが国でも、Deeper3D、THE SCALP5.0、BOSTONスカルプエッセンス、フィンジア、

バイタルウェーブと各社競ってキャピキシル配合育毛剤の製造を開始しました。

 

従来、育毛剤では、厚生労働省認可の発毛成分としてミノキシジルとプロペシアが

効力を持つとされてきました。

 

 

キャピキシルは天然成分由来で医薬品ではありませんが、

キャピキシル配合の育毛剤は、これまでの育毛剤とは比較にならないほどの

発毛力があると医学会も認定しています。

 

 

いままでいろいろな育毛剤を使ってみたり育毛クリニックや育毛サロンに通っても

効果がなかったという方には、キャピキシル育毛剤はオススメの育毛剤です。

 

 


キャピキシル育毛剤を使って10ヶ月後には髪フサフサ

実験室のデータを見るよりも、私のヘアケアをした結果をお見せしたほうが話が

早いと思います。

 

次の写真は、私がBOSTONスカルプエッセンスを使って、ヘアケアした成果です。

 

キャピキシル育毛剤,ミノキシジルの3倍,発毛力

 

 

使い始めてから、3ヶ月後には頭皮が見えていた部分に細い毛が生えてきたので、

ひょっとしたら髪が生えてくるのかなぁと思い、BOSTONのサプリメントも服用しました。

 

その他に、食生活に気をつけたり有酸素運動を取り入れて体内の血行を良くして、

髪の毛に必要な栄養素が行き渡るようにしました。

 

今まで、リアップやチャップアップなどの育毛剤を使用しても、50代の頭領部のハゲ

にはほとんど効果がありませんでしたので、キャピキシル育毛剤は本当に凄い威力

があるのだなぁと実感しています。

 

因みに、私が使っているBOSTONスカルプエッセンスについては、日本肌再生医学会

の専門雑誌「先端医療と健康美容」に、その効能の素晴らしさが紹介されています。

 

キャピキシル育毛剤,ミノキシジルの3倍,発毛力

 

なお、キャピキシル育毛剤は、BOSTONスカルプエッセンスだけではありません。

 

他にも、バイタルウェーブ、フッィンジア、Deeper3D、THE SCALP5.0などがあります。

 

BOSTONスカルプエッセンスは、ノーベル賞受賞成分のフラーレンも配合されていて、

アンチエイジング効果がありますので、お値段も高めになっています。

 

公式ページは、こちらからご覧ください。

 

BOSTONスカルプエッセンス

 

 

⇒【キャピキシル配合】スカルプエッセンス

 

 

 

 

キャピキシル育毛剤は化粧品の扱いになることについて

わが国で製造されている育毛剤は、大正製薬のリアップは医薬品ですが、

それ以外は、ほとんどが医学部外品です。

 

厚生労働省が育毛剤を医薬品と医薬部外品に分ける基準は、

医薬品が化学成分が使われ副作用も生じるのに対して、

医薬部外品は天然成分が使われ副作用はほとんど生じない

ということで区別しています。

 

この基準は育毛剤以外でも同じですが、企業としては医薬部外品よりも

医薬品のほうが格が上で社会的信用が得られると考えますので、

医薬品の認可が下りるまで、5〜10年もかけて研究結果の資料を

厚生労働省に報告し続けることになります。

 

しかし、大正製薬のリアップに含まれている成分はミノキシジルであり、

本来高血圧の治療薬として開発された医薬品であり、外用薬として使用

した場合でも副作用があります。

 

育毛剤においては、化学成分の医薬品を使わなくても、

M−034(北海道日高地方産三石昆布抽出エキス)のように

副作用がなく医薬品と同様の効果がある成分を配合しているものもあります。

 

それらの天然成分については、厚生労働省は発毛効果のある成分として

認可しており、それらの天然成分が含まれる育毛剤を医学部外品としています。

 

ところで、キャピキシル育毛剤がなぜ医薬部外品ではなく化粧品なのでしょうか。

 

薬事法によると、化粧品は次のように定義されています。

 

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは

毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する

方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和

なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)

第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされて

いる物及び医薬部外品を除く。

 

ポイントは人体に対する作用が緩和であること、つまり、副作用の心配がない

ことです。

 

また、キャピキシル育毛剤には、フィンジア以外は成長因子が含まれています。

 

成長因子とは、本来人体にあるもで細胞分裂を活性化させる成分で、

育毛剤に配合することで毛母細胞を活性化させ、髪の毛の成長を促します。

 

もし、キャピキシル育毛剤を医薬品や医薬部外品として申請すると、

認可が下りるまで何年もかかるだけでなく、成分についても規制を

いろいろと受けるjことになり、成長因子の配合が難しくなることもあります。

 

国産のキャピキシル育毛剤では、Deeper3D,THESCALP3.0の順に製造され、

厚生労働省から人体に対する作用が緩和であることから、化粧品としての認可

が下り、BOSTONNスカルプエッセンス、フィンジア、バイタルウェーブと相次いで

化粧品の認可をを受けて販売されたという経緯があります。

 

したがって、キャピキシル育毛剤が化粧品としての扱いであっても、

決して怪しいものではなく、むしろ医薬品と医薬部外品以上の

発毛力がある育毛剤です。

 

キャピキシル育毛剤が2chなどで評判が悪い理由

キャピキシル育毛剤は、わが国では昨年から製造発売されているためか、

一般には認知度がまだ低いです。

 

今までにも中国で凄い育毛剤が開発されたとかいう噂が広まっても、

まゆつばだったことがあって、人々にはすぐには受け入れてもらえない

ようです。

 

私も、yahoo!知恵袋などで薄毛に悩む人へのアドバイスとしてキャピキシル育毛剤

を紹介すると、とたんに悪質業者呼ばわりされてしまいます(笑)。

 

特に、2chではキャピキシル育毛剤は、すこぶる評判が悪いようです。

 

その評判の悪い理由を、私なりに分析し、それに対する反論(←)を述べます。

 

 

1.まず、2ch自体が悪口雑言が多いサイトであること

 

←他人の悪口を言っていても幸福にはなれません。

 

 

2.キャピキシルが一体何なのか分からないので胡散臭く感じること

 

←新しいものに対する拒否反応であり、キャピキシル育毛剤の効能が口コミで広まれば、愛用者が増えるはずです。

 

 

3.キャピキシル育毛剤の価格は、今までの育毛剤よりも高いこと

 

←すぐれた育毛効果と開発コストからすれば仕方ないことです。

バイタルウェーブが発売されたことにより、従来の育毛剤と同じくらいの価格で購入

できるようになりました。

 

 

4.キャピキシル育毛剤が化粧品であること

 

←化粧品<医学部部外品<医学品の順に効能が強くなるわけではありません。

 

 

5.キャピキシル育毛剤がミノキシジルの3倍の発毛力があると言っても、

 化粧品メーカーが実験室で行った培養結果に過ぎず、医学的根拠がない。

 

←これについては、日本肌再生医学会が詳しい臨床実験の結果を医学専門誌の

「先端医療と健康美容」の中で発表しています。

 

 

 

6.ミノキシジル・プロペシアの信者が多く、キャピキシル育毛剤を受け入れないこと

 

←何年もミノキシジル・プロペシアを使用している方が多いです。確かに一定の効能は

ありますが、それ以上に副作用の怖さを知ったほうがよいです。AGA治療薬の使用を

止めても体内に潜伏して、男性機能がはたらかなくなるなどの理由で海外では医療裁判

が起きています。

 

 

7.周囲にキャピキシル育毛剤を使って実際に効果があったという人が増えれば信じる

 

←これについては時間が解決してくれると信じています。