AX 育毛剤に配合される頭皮の角質柔化成分

育毛剤に配合される頭皮の角質柔化成分

安全性の高い保湿・角質溶解成分のヒアルロン酸ナトリウム

育毛剤,頭皮,角質溶化成分

頭皮の角質溶解成分は、頭皮にできた角質を柔らかくして、フケやかゆみが発生するのを防止します。

 

角質が溶解して頭皮が柔らかくなれば血行も促進されますので、育毛にとって必要な成分です。

 

 

育毛剤に配合される角質溶解成分としては、代表的な成分はヒアルロン酸ナトリウムです。

 

ヒアルロン酸ナトリウムはもともと、人間の体内で生成される物質で、

ヌルヌルしたゲル状のかたちで存在します。

 

しかし、年齢とともにその生成能力が衰えてきますので、皮膚の角質化や

硬化をもたらします。

 

一般に、ヒアルロン酸ナトリウムは、安全性の高い保湿成分として利用

されますが、角質柔軟効果を発揮することもできます。

 

その性質は、水に溶けやすく、高い保湿力を持っているだけでなく、

角質層の水分量を高めながら、お肌のしっとり感やなめらか感などの

かもし出させてくれる成分で、化粧品や育毛剤に多く使用されています。

 

ヒアルロン酸ナトリウムが含まれている育毛剤には、キャピキシル育毛剤の

Deeper3Dと厚生労働省認可育毛剤のBUBKAがあります。

 

⇒モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dの公式ページへ!

 

 

 

 

 


すぐれた保湿効果と角質柔化作用をもつ加水分解コラーゲン

コラーゲンは、皮膚の真皮を構成する繊維状タンパク成分ですが、

水に溶けないため水溶液になるようにしたのが、加水分解コラーゲンです。

 

加水分解コラーゲンは、透明な淡黄色から濃褐色の液体で、それを粉末に

したものが加水分解コラーゲン末で、白色か淡黄色をしています。

 

加水分解コラーゲンは、ヒアルロン酸ナトリウムと同様にすぐれた保湿効果を

持ち、肌や毛髪の表面にしなやかな保護膜をつくります。

 

加水分解する技術によってコラーゲンの分子の大きさが変わりますが、

成分がナノ化(超微粒子化)されている場合などは、角質層の内部に

入り込み、角質柔化のはたらきをします。

 

キャピキシル育毛剤で角質柔化成分が含まれているものはないのですが、

厚生労働省認可育毛剤のBUBKAには、ヒアルロン酸ナトリウムと加水分解

コラーゲンの両方が含まれています。

 

⇒濃密育毛剤BUBKAの公式ページへ!

 

 

 

 

 

 

ヒアルロン酸ナトリウムと加水分解コラーゲン以外の角質柔化成分としては、

サリチル酸、レゾルシン、乳酸、エビネエキス、ヨクイニンエキス、トレハロース、

ホップエキスなどがあります。

 

この中で、レゾルシンのことで、これは強い殺菌作用をもつため、かゆみが生じる

ことがありますので、特に肌が弱い方は気をつけたほうがよいでしょう。