AX 育毛剤の効果アップ | 頭皮マッサージとシャンプー

育毛剤の効果アップ | 頭皮マッサージとシャンプー

育毛に有効な頭皮マッサージ

キャピキシジル,頭皮環境,シャンプー,マッサージ

頭皮のマッサージをすると、頭皮がやわらかくなって血行が促進され、育毛剤の溶液が浸透されやすくなります。

 

髪の毛の成長期にある場合は、頭皮環境が良ければ毛母細胞が活性化して毛根から丈夫は髪の毛が生えてきます。

 

具体的には、頭皮が柔らかく毛穴が開いた状態であれば丈夫な髪の毛が育ち、逆に頭皮が固くなっていたり毛穴が皮脂等でつまっていれば抜け毛が進行していきます。

 

頭皮環境を良くするために頭皮マッサージは欠かせません。

 

頭皮マッサージは、両手の指の腹で頭皮を優しくこするだけでよいです。

 

ひと昔前は、ブラシなどで頭皮をたたくことが有効とされてきましたが、

頭皮をたたくことによって毛穴を傷つけたりしますので、止めたほうたよいです。

 

通常はシャンプーを使って洗髪するときに、頭皮マッサージをすれば、

洗髪後にドライヤーで乾燥した後に育毛剤をつけます。

 

また、毎朝に育毛剤をつけるのであれば、育毛剤を付ける前に軽く頭皮を

マッサージするjことで育毛剤の浸透率が良くなります。

 

それから、朝シャンをすることは、頭皮から必要な皮脂分まで洗い流しい

頭皮が固くなって抜け毛が進行することがありますので、オススメできません。

 


育毛には頭皮環境の改善

薄毛やハゲの原因には、食生活、睡眠、ストレスなどの要素があることは

分かりましたが、頭皮環境のあるべき状態について述べていきます。

 

本来、健康な頭皮は柔かく、青白い色をしています。

 

これは血行が良い状態であればそうなります。

 

頭皮が硬かったり赤色がかっていたりすると、

健康状態はあまり良くありません。

 

頭皮が赤っぽい人は、血行不良のほかに

炎症を起こしている可能性がありますので、

頭皮環境の改善が必要です。

 

健康な頭皮環境づくりに重要なポイントは、必要な皮脂や潤いを残しながら、

余分なものを取り除いていくことです。

 

男性ホルモンの分泌がさかんになると、頭皮の皮脂量が増加し、

皮脂が酸化するとできる過酸化脂質という物質が、頭皮と毛根

を刺激して炎症を引き起こします。

 

キャピキシジル,頭皮環境,シャンプー,マッサージ

 

そこで、頭皮に余分なものをしっかりと洗浄し、頭皮に潤いまを与えてくれる

シャンプーが、頭皮環境を改善するためには欠かせません。

 

頭皮環境の改善には、自分の頭皮に合ったシャンプーを選び、

正しいシャンプーの仕方を身に付けることが大切です。

 

正しいシャンプーの選び方

キャピキシジル,頭皮環境,シャンプー,マッサージ

シャンプーには大きく分けて、せっけん系、高級アルコール系、アミノ酸系の3つのタイプがあります。

 

シャンプー選びで気をつけるべきことは、配合されている成分の中に化学合成された界面活性剤が含まれているかどうかです。

 

高級アルコール系とせっけん系は、化学合成の界面活性剤が含まれていて、泡立ちが良く洗浄力・脱脂力が強いです。

 

高級アルコール系の「高級」とは、値段が高いという意味ではなく、

「成分の中に炭素が含まれる割合が高い」という意味であり、

炭素数が高いほど界面活性剤が多く使われています。

 

CMなどの広告で見かけるシャンプーのほとんどは、この高級アルコール系であり、値段も手頃で香りがよく、洗い上がりがすっきりするので、広く普及しています。

 

しかし、化学合成の界面活性剤は必要な皮脂まで摂りすぎてしまうため、

頭皮を乾燥させ、抜け毛の原因をつくります。

 

また、せっけん系はアルカリ性のため、髪の表面の角質化したタンパク質の層であるキューティクルを分解してしまうので、髪に潤いがなくなりゴワゴワした感じになります。

 

せっけん系は、値段も高級アルコール系以上に安く、 体に害のない配合のため愛用している人も少なくありませんが、育毛には向きません。

 

次に、アミノ酸系についてですが、本来髪の毛は、アミノ酸から構成される

タンパク質でできているため、アミノ酸を補うことで健康でイキイキとしてきます。

 

また、頭皮のよごれはしっかり取り除いてくれるため、

頭皮ケアができるシャンプーといえます。

 

最もオススメできるシャンプーとしては、アミノ酸系で頭皮にやさしく天然成分が25種類

配合されているU−MAシャンプーをあげておきますので、興味がある方は下記バナーをクリックしてみてください。

 

⇒馬油はじめ天然成分25種類配合のU−MAシャンプー

 

 

シャンプー&トリートメントのほうがよろしければ

⇒アミノ酸系馬油シャンプー&トリートメント

 

 

 


正しいシャンプーの使い方

キャピキシジル,頭皮環境,シャンプー,マッサージ

1.洗髪前にブラッシングをした後、37〜40℃の湯で髪をすすぎます。

 

髪をすすぐことにより、髪についた汚れを落とすことができます。

 

 

2.シャンプーを手や泡立てネットで泡立て、両手を使い泡で頭皮を包み込むようにしながらマッサージします。

 

このとき、頭皮と毛根を傷つけないように、両手の指の腹を使ってやさしく

マッサージしながら洗います。

 

指の腹でマッサージすることにより血行が促進されますので、一石二鳥です。

 

 

3.洗髪後は必ずドライヤーで髪を乾燥させます。

 

ドライヤーを使うのは、頭皮の蒸れを防ぎ、雑菌の繁殖を抑えるためです。

 

ドライヤーを使うときは、ブラシを使いながら地肌まで風を通しましょう。

 

ドライヤーを近づけすぎると、熱で髪や頭皮に負担がかかるので注意しましょう。

 

温風で乾燥した後は、冷風を髪全体に行き渡らせて終わりです。

 

 

 

以上、頭皮環境を改善するためのシャンプーの選び方と使い方について述べました。