AX 育毛サプリメントは頭皮と毛根に必要な栄養を補充

頭皮と毛根に必要な栄養素を補充する育毛サプリメント

育毛にとって良い栄養のバランスとは

ふだんから髪の毛に必要な栄養素をとり、頭皮が油っぽくならないような食事を

とっていれば、サプリメントを服用することはありません。

 

具体的には、髪の毛に良いタンパク質、緑黄植物などのアミノ酸の合成を助ける

ビタミン、脱毛を抑える効果のあるミネラルが含まれている食材をとることです。

 

しかし、外食が多かったり、食事の栄養のバランスまで考えるのが面倒であれば、

育毛サプリメントを服用すると、より効果的に育毛をすることができます。

 

M字ハゲやO字ハゲなどのAGAと呼ばれる男性型脱毛症は、

男性ホルモンのDHTによって、毛母細胞が萎縮され、ヘアサイクルが乱されて

抜け毛が進行していきます。

 

キャピキシルに配合されるアカツメクサには、女性ホルモンと同様の作用する

イソフラボンが豊富に含まれ、男性ホルモンの「テストステロン」が5aリダクターゼと

結合しDHTに変化するのを妨害します。

 

他にもイソフラボンをお含むものとしては、大豆抽出エキス、ヒオウギエキスがあります。

 

また、オウゴンエキスは、5aリダクターゼを阻害するだけでなく、

抗炎症作用、抗アレルギー作用等様々な効用があり、

育毛剤に広く配合されています。

 

他にも、男性ホルモンを抑制する天然成分としては、

以下のようなものがあります。

 

エチニルエストラジオール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、エストラジオール、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒ、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、シモツケソウエキス、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、シモツケソウエキス、キウイエキスなど

 

さらに、亜鉛が男性ホルモンのはたらきを抑制するすることから、

亜鉛がたくさん含まれる牡蠣、イワシなど青魚、緑茶などを飲食することは

良いことです。

 

しかし、亜鉛だけを採ろうとして、安価な亜鉛サプリメントを多く服用すると

亜鉛中毒になり、筋肉痛・発熱・吐きけ・胃痛などの症状を呈することがあります。

 

したがって、男性ホルモンDHTの作用を抑制するだけでなく、

栄養のバランスがとれた食事や育毛サプリメントをとることが大切です。

 

キャピキシル配合育毛剤と育毛サプリメントの併用について

キャピキシル自体が男性ホルモンのDHTの生成を妨げますので、

キャピキシル配合育毛剤を頭皮に塗っておけば育毛サプリメントは必要がない

ように思われます。

 

しかし、先ほども述べましたように外食が多いなどの食生活に偏りがある方でしたら、

育毛サプリメントを補助的に服用することは育毛の効果を高めることになります。

 

育毛サプリメントもたくさんありますが、1つだけオススメするとしたら、

BOSTONスカルプエッセンスを販売している(株)エスロッソ社から出ている

BOSTONです。

 

BOSTONは定評のある育毛サプリメントで、髪の毛と頭皮に良い成分が

20種類以上含まれています。

 

その中の、ノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛、コラーゲンペプチドが四大成分で、

ノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛が男性ホルモンのはたらきを抑制し、

コラーゲンペプチドが頭皮に適度な皮脂と潤いをもたらしてくれます。

 

育毛サプリメントのBOSTONについての詳細は、こちらをクリックしてみてください。

 

 

 

⇒毛髪のためのサプリメント「BOSTON」

 

 

なお、育毛サプリメントはBOSTONを検討されているのでしたら、

メインの育毛剤は相性の良いBOSTONスカルプエッセンス

にされることをオススメします。

 

⇒【キャピキシル配合】BOSTONスカルプエッセン