AX M字ハゲが治りにくい理由 | 生え際の育毛

M字ハゲが治りにクリ理由 | 生え際の育毛

M字ハゲが治りにくい理由

いわゆる男性型脱毛症のM字ハゲは、前髪の生え際のところで脱毛が進行していきます。

 

直接の原因は男性ホルモンのDHT「ジヒドロテストステロン」が毛乳頭を刺激し、

毛根を萎縮させるため、髪の毛がよく育たずに抜け落ちていまうという症状を

引き起こします。

 

特に、生え際は刺激に弱いため、このDHT「ジヒドロテストステロン」の影響を

もろに受けてしまいます。

 

DHT「ジヒドロテストステロン」は、同じ男性ホルモンの一種「テストステロン」が

5aリダクターゼという酵素と結合することによって生成さます。

 

キャピキシジル,M字ハゲ、男性ホルモンDHT

 

 

さらに、前頭部には顔面の筋肉を守るはたらきをする帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)
という丈夫な膜があります。

 

帽状腱膜が何かの理由で硬くなってしまうと、血流が悪くなり、

おでこの産毛や前髪に必要な栄養素が行き渡らなくなります。

 

キャピキシジル,M字ハゲ、男性ホルモンDHT

 

 

以上のことをふまえ、生え際の育毛にとって、次の条件が備わっていることが

必要になります。

 

 1.男性ホルモンのはたらきを抑えることができること

 

 2.安全で強力な育毛成分が含まれていること

 

 3.育毛成分が毛乳頭までしっかり浸透すること

 

 4.頭皮の炎症や硬さを解消し、抜け毛の要因を排除できること

 

 5.添加物は極力含まれていないこと

 

脱毛因子の男性ホルモンDHTを抑制するために

脱毛因子である男性ホルモンを阻害するために女性ホルモンがありますが、

女性ホルモンには女性らしい体つきをつくるはたらきがあるため、

男性の体には少量しか分泌されません。

 

そこで、女性ホルモンと同様のはたらきをするイソフラボンを摂取するために、

従来は主に大豆から摂取していました。

 

また、男性ホルモンのはたらきを抑えるために、青魚、牡蠣、緑茶などの亜鉛を含む食材を食べるとよいと言われてきました。

 

しかし、亜鉛は人間の体にもたらす効果は、育毛促進だけでなく、

次にようにたくさんあり、育毛だけに特化できるわけではありません。

 

・細胞分裂新陳代謝を促す

 

・胎児の成長

 

・精子の生成

 

・免疫の向上

 

・味覚細胞を作る

 

・育毛促進

 

食材だけでは不足するからといって、亜鉛サプリメントを安価で入手して

継続的に過剰摂取を続けると、コレストロールと糖代謝の異常、白血球の減少、

貧血、、免疫の低下などの副作用を引き起こすことがあります。

 

さらに、一度に大量に摂取するとが急性亜鉛中毒を引き起こすことがあります

ので、注意しなければなりません。

 

ところで、アカツメクサ花エキ男性ホルモンDHTのはたらきを抑制する

イソフラボンの一種ビオカニンAが豊富に含まれています。

 

このアカツメクサ花エキスと毛母細胞を修復包含するアミノ酸アセチルテトラペプチド-3を合成することによって開発された成長因子がキャピキシルであり、従来のスカルプケアの常識を覆すだけの発毛力が実証されています。

 

まさに、キャピキシルは医学会からも注目されている成長因子と言うことができます。

 

頭皮をやわらかくする成分

頭皮に潤いを保ちをやわらかくする天然成分はいろいろあり、

育毛剤にはこれらの成分が含まれていることが多いです。

 

頭皮をやわらかくして新陳代謝を活発にすることで血行不良を防ぎ、

毛母細胞に髪の毛に必要な栄養素が行き渡りやすくなります。

 

 

【頭皮の保湿成分】

 

ピロリドンカルボン酸、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、みかんエキス、ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、米ヌカエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、カカオバター、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、トウキンセンカエキス、ローヤルゼリーエキス、レモンエキス、シルクエキス、オレンジエキス、アセロラエキス、プラセンタエキス、コラーゲン、ローヤルゼリーエキスプルーン分解物、ヒオウギエキス、ジオウエキス(アカヤジオウ根エキス)、キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、アマモエキス、アロエ抽出液、オトギリソウエキス、海藻エキス、キトフィルマー、キナエキス、植物オイル(保湿用)、チェリモヤ果実エキス、キュウリ果実エキス、加水分解オクラ種子エキス、アムラ、シカカイ、ハスエキス(ハス雄しべエキス)など

 

【頭皮の新陳代謝活性化成分】

 

クロレラエキス、クロロフィル、ヒノキチオール、ゴレンシ葉エキス、クコの実、ナノ金コロイド、サンザシエキス、酵母エキス(一部)、トウニンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、ユッカグラウカ根エキス、クロレラエキス、オクタペプチド-2、デカペプチド-4、パントテント酸(パンテノール)、など