AX キャピキシル育毛剤とAGA治療との比較

キャピキシル育毛剤と育毛クリニックの比較

AGA(男性型脱毛症)の治療にかかる費用と時間

一般に育毛クリニックと言われているのは、AGA(男性型脱毛症)の治療を

行っている美容外科、皮膚科などの医療機関を指します。

 

AGAは厚生労働省によって保険適用外に指定されているため、
レーシックやインプラント、ED治療と同様に、健康保険証が使えない自由診療

の扱いであり、育毛クリニックにかかる治療費は実費負担となります。

 

AGA専門の美容外科は、発毛剤(プロペシアやミノキシジルの医薬品、天然成分等)、

髪質と頭皮に合ったシャンプー、脱毛の症状に応じたサプリメントの処方し、

薄毛、脱毛を抑えながら効果的に発毛をしてくれます。

 

ただし、プロペシアやミノキシジルには副作用があり、

ミノキシジルはM字ハゲにはあまり効果がないと言われていますので、

ご使用になるのはあまりオススメできません。

 

また、自毛植毛と言って、生きているまだ元気な毛根(毛母細胞)を、

死んだ毛根に植え替えることで、地肌が見える部分に自分の髪の毛

を生やす治療法もあります。

 

自毛植毛は、自分の毛髪を移植するので、人工植毛と違い拒否反応はおこらず、

ヘアサイクルを保ちながら地肌が見える部分に髪の毛を生やすことができます。

 

ただし、自毛植毛は、外科的手術を伴いますので、頭皮の負担や定着率を考えて

数回の手術が行なわれるため、時間と費用がかかります。

 

欧米ではかなり普及していますが、日本では自毛植毛をする人がまだ少ないですので、1本植毛するのに500円〜1,000円の費用がかかると言われています。

 

自毛植毛の費用相場として、初期段階の薄毛で50万円くらいで、

かなり進行した薄毛であれば、150万円かかります。

 

お金をかけるだけあって、1〜2年かけて自毛植毛された方のほとんどは

若かりし頃とまではいかなくとも、それなりに満足されているようです。

 

最近は、美容外科などではHARG療法と言って、頭皮に成長因子(グロスファクター)を噴射して、発毛を促進する治療法も行われていますので、医師と相談のうえで治療法を選ぶことができます。

 

これに対して、一般病院の皮膚科等では、発毛剤は処方しても、シャンプーや

サプリメントの指導まではしないところがふつうなので、薄毛や脱毛の進行を

遅らせることはできても、目に見える発毛までは至らないこともあります。

 

以上が、育毛クリニックに通ってAGA治療を行った場合の効果と費用について、

述べてきましたが、まとめると下記の通りになります(自毛植毛等の費用は除く)。

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

しかしながら、高い費用をかけて育毛クリニックに通うよりも、キャピキシル育毛剤

を使いながら、食生活の見直し、ストレス解消、睡眠時間確保、有酸素運動

をしていけば、薄毛や脱毛はある程度改善されていくはずです。

 

それでも効果が不十分であれば、育毛シャンプーや育毛サプリメント

を併用していけばよいです。

 

育毛クリニックに通院したり、自毛植毛をするのは、時間と費用ができてからの

最後の手段と考えておけばよいでしょう。


AGA治療薬のミノキシジルとプロペシアの副作用

ミノキシジルとプロペシアは、育毛剤として製造された医薬品ではなく、

二次的な効果として発毛・育毛を促進するために育毛クリニックや皮膚科で

処方されています。

 

一般には、ミノキシジル(米国ファイザー社)のタブレット(錠剤)は「ミノタブ」、

プロペシア(米国メルク社)は、「フィナステリド」(プロペシアの化学成分)、

あるいは、「フィンペシア」(印度シプラ社、プロペシアのジェネリック)

と呼ばることもあります。

 

本来、ミノキシジルは高血圧症の方のために血圧降下剤として、

プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

 

それゆえ、ミノキシジルとプロペシアに次のような副作用が生じます。

 

ミノキシジルの副作用としては、血管が拡張して低血圧の症状が起きたり、

髪の毛以外の体毛が濃くなったり、頭皮に炎症が起きることがあります。

 

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

ミノキシジルを錠剤で服用すると副作用が出やすいのですが、頭皮に塗布するタイプ

の医薬品もあります。

 

わが国では大正製薬からリアップX5プラス ローションが発売されています。

 

アメリカのPfizer社によって開発された医薬品で有名なロゲインがミノキシジルが

含まれた育毛剤となっております。

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

これらのミノキシジルが配合された塗布する育毛剤を使っても、頭皮が赤くはれたり

かゆくなったりすることがあり、また、頭皮以外には塗布しないように注意しなければ

なりません。

 

 

他方、プロペシアの方は、抑うつの症状、精巣痛、射精障害、勃起不全などの

男性機能の障害、肝機能障害、発疹、そう痒症、じんま疹、顔や唇の腫れなどの

過敏症が現れることがあります。

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

 

こうした副作用があることが分かっていながら、AGA(男性型脱毛症)の治療現場では、使用されています。

 

 

また、ミノキシジルとプロペシアは、医師の処方箋がなければ一般の薬局では購入

できないことから、オオサカ堂などの個人輸入代行会社を通して海外から購入している方が多いです。

 

しかも、インドなどの製造特許の規制がゆるやかな国から、ジェネリックの安価な医薬品を個人輸入することは、安全性に疑問が残ります。

 

しかし、このサイトでオススメするキャピキシル配合の育毛剤は、国内で製造されて

いるものですから、安全性についても問題がありません。

 

ですから、今まで育毛クリニックや皮膚科に通院したり、ミノキシジルとプロペシアを

個人輸入していた方で、あまり効果がなかったとか使用に不安を感じているのでしたら、今が乗り換えるチャンスです。

 

また、ミノキシジルやプロペシアを服用しても副作用が起きないという方の場合は、

キャピキシル配合育毛剤を併用すれば、目に見える効果が現れてくることでしょう。

 

 

AGA新薬のサガーロの効能と副作用

「ザガーロ」とは、イギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン社が製造販売している

商品名で、成分名は「デュタステリド」です。

 

AGA治療薬の「プロペシア」が商品名で、「フィナステリド」が成分名でという関係と

同じです。

 

わが国では、2015年9月28日に厚生労働省が認可したAGA治療薬です。

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

プロペシアもザガーロも一般の薬局では購入できず、国内で購入するときは

医師の処方箋が必要です。

 

サガーロの効能は、プロペシアよりも優れていることが分かっています。

います。

 

プロペシアが、脱毛因子の男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が、

5α-還元酵素U型によって生成されるのを抑制するのに対して、

サガーロは5α-還元酵素T型とU型両方のはたらきを抑制します。

 

AGA治療薬,副作用,費用対効果

 

AGAにとって悪玉として作用するのは、5α-還元酵素Uのほうなので、

この点についてはあまり違いはありません。

 

しかし、プロペシアが男性ホルモンのはたらきを抑制するだけで発毛を促進する力

がないのに対して、サガーロのほうは臨床実験で毛髪量の増加、毛髪の硬度や

太さが増加していることから発毛効果があることが分かっています。

 

また、プロペシアと同じ量のサガーロを処方することで3倍の発毛効果があることが

確認されています。

 

気になるお値段ですが、両方とも健康保険の対象にはなりません。

 

プロペシアは1mg×28錠が6,500円ですが、クリニックが処方するときは

7,000〜8,000円程度が相場です。

 

これに対して、ザガーロのほうは9,500〜10,000円程で処方をするクリニックが

多いようです。

 

ところで、ザガーロにはプロペシアの約2倍の副作用の発症率が確認されていて、

「勃起不全」「リビドー減退」「精液量減少」などの副作用があります。

 

海外では、プロペシアの副作用による後遺症で損害賠償請求訴訟が起きています

ので、今後ザガーロの後遺症が裁判沙汰になるのは、目に見えています。

 

プロペシアと同様に、ザガーロは女性にとって禁忌の薬で、使用する場合は

カプセルのまま服用し、絶対に妊婦や産婦、授乳婦、幼児の口にその粉末が

入るようなことがあってはならなりません。

 

また、ザガーロの粉末は経皮吸収されてしまうので、女性や幼児の近くでの

ご使用はやめたほうがよいです。

 

ザガーロは新薬ですので、製造されてから20年間は特許期間としてジェネリック

の製造が認められていませんが、インドは成分が同じでも製法が違えばジェネリック

医薬品を製造してもよいという法律があるため、ザガーロのジェネリック医薬品を製造

しています。

 

ザガーロもジェネリックも個人輸入でも入手できますが、その品質と安全性は

保証できませんので、オススメしません。

 

キャピキシル育毛剤が副作用がなくAGA治療の発毛剤として処方される

ミノキシジルの3倍の発毛力があるのですから、キャピキシル育毛剤を

オススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師の処方箋なしに個人輸入会社の利用について

日本ではAGA治療薬は、円形脱毛症などでなければ健康保険の対象にならず、

自費で購入しなければなりません。

 

ミノキシジルとプロペシアも厚生労働省認可の医薬品ですが、国内で製造されて

いないので、医師に処方してもらい薬局で購入するか、または、個人輸入代行会社

を通して入手することができます。

 

個人輸入会社を通して入手する場合は、医師の処方箋は要りません。

 

こうした個人輸入代行会社は、日本でもたくさんあり、中には会社組織に

なっていないものあり、注意が必要です。

 

育毛剤に限らず、格安ED治療薬を個人輸入代行ができると宣伝していたり、

街の電柱などに張り紙をしているところなどは、まず疑ってみたほうがよいです。

 

ところで、こうした個人輸入会社が扱っている医薬品等については、インドなどで

製造されている格安のジェネリック治療薬が含まれていることも事実です。

 

ジェネリック医薬品とは、製薬会社の特許期間を過ぎてしまったた場合に、

他の製薬会社が同じ成分・効能の薬品を製造して、格安で販売している薬品

のことです。

 

国際的には、医薬品の特許には、通常、製法特許と物質特許という2つの特許

があります。

 

しかし、インドの法律では製法特許だけが有効とされているため、

インドでは、薬の成分を同じにして作り方さえ変えれば新薬でも製造販売

することができます。

 

こうしたインドのように特許の制限のゆるい国から格安のジェネリック医薬品

が個人輸入会社を通して大量に輸入されているのが現実です。

 

ミノキシジルやプロペシアには、上記のような副作用があり、医薬品の服用を

止めた後でも後遺症が残ることがあります。

 

海外ではプロペシアの後遺症をめぐって被害者が共同してメーカーへ訴訟をする

などの事件も起きています。

 

ですから、医師の処方箋なしに個人輸入会社を通して格安でミノキシジルや

プロペシア、あるいはそのジェネリック医薬品を輸入することについては、

くれぐれも慎重になさるべきだと思います。