AX 育毛と健康に良い豆知識

育毛と健康に良い豆知識

梅雨時の体の冷えにご用心を

梅雨の時期は、雨で地面が冷やされるため気温が上がりにくくなります。

 

そのうえ、室内で冷房をガンガンかけていては、体が冷えます。

 

体に良いのは頭寒足熱の状態ですが、梅雨から夏にかけては

その反対の環境になりますので、体の調子を乱しやすくなります。

 

体の調子が悪くなれば、髪の毛にまわる栄養素も不十分になり、

髪の毛も抜けやすくなります。

 

そこで、この時期は足元を冷やさないように半身浴や足湯等で

しっかり冷えととることをオススメします。

 

育毛と健康,毛母細胞,自然治癒力

 

 

 

 

 

梅雨から夏にかけての滋養強壮に甘酒がオススメ

育毛と健康,毛母細胞,自然治癒力

甘酒と言えば、お正月やひな祭りなどの縁起物として嗜まれることが多いのですが、体の冷えをとるには、うってつけの飲み物です。

 

江戸時代には、栄養豊富なドリンクとして一年を通して飲まれていました。

 

甘酒の原料は米麹ですが、麹菌による発酵作用により、米をはるかに上回る栄養価があり、ブドウ糖や必須アミノ酸が多量に含まれ、タンパク質が2倍、ビタミンB1は5倍も含まれています。

 

また、自然発酵した食品ですので、体内に非常に吸収されやすい形に

なっています。

 

メープルシロップなどフルーツ味の甘味料を入れると上品な味わいになりますが、

アルコール分が入っていますので、糖質を入れすぎるとカロリーオーバーになり

ますので、飲みすぎには注意しましょう。

 

とは言っても、夏場は、どうしても食欲が減退し、体力が低下ぎみですから、

滋養たっぷりの甘酒を飲むことで疲労を軽減してくれます。

 

 

 

 


洗顔・洗髪の質は水で決まる

どんなに良い洗顔料やシャンプーを使っていても、

風呂場で流す水道水に塩素が多く含まれていると

頭皮を含めて肌荒れの原因になります。

 

水道水に含まれる塩素の量は、水道局の浄水場が決めるもので、

その時の天候や水質によって大きく変わります。

 

特に、乾燥肌や敏感肌の方は塩素によって頭皮が荒れやすくなります。

 

頭皮が荒れている状態は、軽い炎症が起きているのと同じであり、

炎症が起きている毛穴からは新しい髪の毛は生えてきません。

 

ですから、水道水に含まれる塩素を除去していくことが大切です。

 

洗顔・洗髪をするときの水道水から塩素を除去するには、

風呂場のシャワーを浄水シャワーヘッドに交換するだけで、

8〜9割の塩素が除去できますので、是非オススメします。

 

浄水シャワーヘッドは、2000円から3000円で購入できます。

 

ホームセンターなどでも購入できますが、下記のバナー(写真)

をクリックすると専門店の通販コーナーをご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

無添加の洗顔料とシャンプーを使うことが大切

次に、水と同じくらい大切なのが洗顔料とシャンプーの質です。

 

特に、石油系の界面活性剤を使用している安価な製品は

使わないほうがよいです。

 

TVのCMでやっている洗顔料やシャンプーは、ほとんどがこの類です。

 

石油系の界面活性剤は、泡立ちがよく洗浄力がありますが、

皮膚に強く作用してしまいます。

 

角質を溶かしてしまうだけでなく、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、

皮膚から潤いがなくなります。

 

また、髪にツヤを出すためにシャンプーの中にシリコンが入っていると

頭皮がかゆくなったり、毛穴にシリコンが入り込んで髪が抜けやすく

なります。

 

育毛と健康,毛母細胞,自然治癒力

 

ですから、洗顔剤やシャンプーは、天然成分中心で無添加のものが良く

保湿成分がたっぷり入っているほうがよいです。

 

 

シャンプーの界面活性剤の種類と見分け方

最近では、ノンシリコンシャンプーはめずらしくなくなってきています。

 

ノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーが良いことは一般的に知られる

ようになってきていますが、アミノ酸系でも質にレベルの差があります。

 

シャンプーの界面活性剤の見分けるためには

シャンプーのボトルの裏に表示されている成分表を見れば分かります。

 

界面活性剤の強度は、石油系・せっけん系・アミノ酸系の順に弱くなります。

 

アミノ酸系は、石油系より強度は弱くなりますが、

それでも十分な泡立ちと洗浄力があります。

 

界面活性剤の種類は、次のようなものあります。

 

【石油系】

 

 硫酸系→ラウレス硫酸Na / ラウリル硫酸Na / パレス硫酸Na

 スルホン酸系→オレフィン(C14-16)スルホン酸など 

 

※硫酸系の方がスルホン酸系よりも強度が高いです。

 

【せっけん系】

 

 カリ石鹸素地 / ラウレス−3酢酸Na など

 

【アミノ酸系】

 

 ココイルグルタミン酸TEA / ココイルアラニンTEA /ラウロイルメチルアラニンNaなど

 

 

ただし、アミノ酸系でもスルホン酸系の界面活性剤を混合して、安く販売している

シャンプーもありますので、ご注意ください。

 

当サイトで最もオススメできるシャンプーとしては、アミノ酸系で頭皮にやさしく天然成分が25種類

配合されているU−MAシャンプーをあげておきますので、よろしければ下記バナーをクリックしてみてください。

 

 

 

 

 

ストレスが皮脂分を多くする

良質なシャンプーを使って、適度な潤いを保とうとしても、

いつもイライラしていたり怒りっぽかったりすると頭皮に

余分が皮脂がたまり毛穴をふさいでしまいます。

 

汗といっしょに出るサラサラした油分は肌や髪の保湿にとって

必要不可欠ですが、冷や汗のようなじっとりとした汗やアブラ

には独特の臭気があり、乾いたあとに肌荒れやかゆみがともなう

ことがあります。

 

脂や汗を防ぐためにデオドラントのような化粧水を使っている方も

いらっしゃいますが、化学的に生理をコントロールしようとしても

根本的な解決にはなりません。

 

余分に分泌される皮脂は交感神経と密接な関係があります。

 

ストレスのためにイライラしたり、怒りっぽかったりすると

交感神経が活発にはたらき、皮脂が過剰に分泌されて

しまうことになります。

 

交感神経を落ち着かせるためには、平常心を保つことが

大切なのですが、仕事に合間にどうやって平常心をたもつかは

人によってさまざまな方法があると思います。

 

私の場合は、和歌集を少し読んだりするだけで心が落ち着きます。

 

若い方であれば、好きな芸能人や彼女の写真を見るのも良いでしょう。

 

 

 

 

足の蒸れと臭いをなくすためには

梅雨から夏にかけて、汗を書くことが多いため、足が蒸れて靴下が臭くなったり水虫になったりします。

 

一般的な対策としては、薄手で通気性の良い速乾性の高い靴下をはくとか

足に制汗パウダー(ベビーパウダーも可)をつけておくなどがあります。

 

しかし、これらの方法は対処療法でしかなく、根本的に足の裏の汗を防ぐことは

できません。

 

その理由は、足の裏に汗をかくのは温度や湿度には関係がなく、交換神経の

はたらきによるものだからです。

 

嘘だと思われるかもしれませんが、足の裏に汗をかく人は真冬でも汗をかくことが

多いのです。

 

また、足の裏を同じように交換神経のはたらきによって汗をかくところとして

手のひらがあります。

 

ひんやりとした映画館でスリリングな映画を見たときに、体には

汗をかいていないのに手のひらが濡れていることがあります。

 

まさに「手に汗握る」というのがこれですね。

 

ですから、足の裏や手のひらに汗をかくのは、緊張や興奮などの

交換神経のはたらきが活発なときです。

 

足が蒸れるからとと言って、サンダル履きの人を見かけますが、

むしろ足元を冷やし、交感神経を刺激することになるので、

よけいに汗をかくことになります。

 

それよりは、足湯につかるなどして足元を温めたり、5本指ソックス

をはいて足の指先の血行を促進するほうがよいです。

 

温めることによって、交換神経よりも自律神経の副交感神経を活性化

するからです。

 

また、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすると、足裏の血行と

新陳代謝を促進し、足にかかるストレスを解消してあげることも効果的です。

 

さらに、足裏マッサージなどのように足裏のツボを刺激してあげることも、

足裏のリラクゼーションにつながり、発汗しなくともよくなります。

 

以上述べたことは、体質改善をするものですから、時間をかけて改善して

いくことが大切です。

髪の毛にもいいスローフード

スローフードとは、直訳すると「ゆっくり食べる」ですが、それとは意味合いが違います。

 

スローフードは、1980年代後半にイタリア北部のブラで始まった国際運動のことで、

気軽に早く安く食べることができるファーストフードの対義語としてあげられたスローガンです。

 

具体的には、それぞれの土地の伝統的な家庭料理や郷土料理を守り、安全で質の良い食材を

提供できる生産者を保護、育成しようという東洋医学の「身土不二」と共通する考え方です。

 

日本人には、日本人に合った食生活があります。

 

和食は世界文化遺産に登録され、世界中の人々が美味しいと評判の料理です。

 

肉類ではなく、 野菜、魚介類などを中心とした和食を基本にすることで、

体にも髪の毛にも良い栄養素がたくさん摂取できるようになります。

 

そして、もっとも大切なのは、よく噛んで食べることです。1回飲み込む前に

30回噛むことが良いと言われています。

 

よく噛むことは、唾液の分泌を促し、大脳の満腹中枢を刺激するため、

食べ量を減らししダイエットすることにも繋がります。

 

そして、心にゆとりを持てる「食」を楽しむことが、体内の血行を促進し

交感神経を休めることになり、体にも髪の毛にも良い食生活を送ること

ができます。

禁煙せざるを得ない環境に自分を追い込む

タバコを吸うことは「百害あって一利なし」とい言われるくらい、

体にとって良いことは何一つありません。

 

最近は、職場やレストランなどでも、タバコは嫌がられ喫煙する人は

少なくなってきています。

 

喫煙をすることによってニコチンの作用により血管が収縮され、

抹消血管の血行が著しく阻害されます。

 

また、体内のビタミンを大量に破壊し、代謝機能の低下を招いてしまいます。

 

その結果、毛母細胞や毛根にまわる栄養素も少なくなり、

髪の毛が抜けやすくなります。

 

喫煙している方でも、「吸いたくて吸っているというよりは、仕方なく吸っている」

のほうが多いようです。

 

そういう私も40代まではヘビースモーカーで、1日30〜40本くらい吸っていました。

 

私も「仕方なく吸っている」ほうに入っていましたので、何度もやめる決意をして、

半年ほどやめてまた2年間吸い続けるなどということを繰り返していました。

 

最終的にやめるきっかけになったのは、今の妻と知り合ってからでした。

 

私が、タバコをしばらくやめている間に知り合って、タバコは吸わないことで

つきあっていました。

 

それでも人がタバコを吸っているのを見ると、自分も吸いたくなってしまいます。

 

「人からもらったタバコだけ吸う」などという自分にとって甘い言い訳をすると、

絶対に止められなくなります。

 

私が、タバコを止められたのは、タバコを吸わないことをまわりの人

に宣言したからです。

 

それから、50代になってジョギングを本格的に始めたので、タバコを吸いたいと

思わなくなってきたことにあります。

 

肺のレントゲンをとってもらうと、40代までは医者に必ず「タバコを吸ってますね」

と言われたのが、最近は「とてもきれいな肺をしていますね」と言われるまでに

なりました。

 

テレビや雑誌などでタバコの害などについてあれこれを情報を流していますが、

タバコが体に悪いことは吸っている本人がよく知っているはずです。

 

私は、自分の体験をふまえて、タバコの害を自分に言い聞かせる暗示的な方法

よりも、タバコをやめないといけない環境をつくり、タバコを止めないと大事なもの

を失うところまで自分を追いつめないと止められないと思います。

 

禁煙内科に通うなどにのように他人(医師)に頼る方法もあるようですが、

最終的には自分の意志がしっかりしていないとやめられません。

 

サーカディアンリズムに合った睡眠が髪の成長を促す

サーカディアンリズムとは、「体内時計」のことです。

 

太古の昔から「日が沈んで暗くなったり眠り、日が昇って明るくなたら起きる」という

生活習慣を人間が繰り返してきているので、私たちの体にはそういう生活をするという

遺伝子情報が組み込まれています。

 

人間だけでなく、動植物にはもっとあてはまり、例えば、

サンゴは満月の夜にだけ海面に向かって一斉に産卵をします。

 

サーカディアンリズムは、太陽や月の動きによっても大きく左右されますので、

新月や月食のときに精神的に不安定にあったり自律神経を失調しやすい方が

よくいらっしゃるようです。

 

地下室などで24時間太陽光に当たらない生活を続けていると、

体のリズムが一日24.8時間になるという研究も報告されており、

外的な環境によってサーカディアンリズムが変化することもあります。

 

人間には、体や髪の成長をつかさどる成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンがもっとも分泌されるのは、夜中の1時頃だと言われていますが、

ちょうど睡眠してから1〜2時間後にあたります。

 

育毛と健康,毛母細胞,自然治癒力

 

また、睡眠は、平常心を保つ秘訣や皮脂の分泌にも大きく深くかかわってきます。

 

睡眠中に、メラトニン、セロトニンなどが神経伝達物質が分泌され、これらが交感神経を

静め、副交感神経を優位にするために、深い眠りとリラクゼーションに導いてくれます。

 

交感神経が静まれば皮脂の分泌も自然と収まってきますし、睡眠中に脳内のストレス

を緩和してくれ平常心を持てやすくなります。

 

しかし、最近は若い方を中心に、夜遅くまでTVゲームやパソコンを使っていて、

交感神経の興奮状態が続くと、眠りについてもメラトニンやセロトニンなどが分泌されず、

交感神経が高ぶった状態のまま朝を迎えることになります。

 

そして、交感神経の高ぶりによるアドレナリンやテストステロンといったホルモンが

絶えず分泌されてしまうため、血行が阻害され、慢性的に脳にストレスがかかった

状態が続いてしまうことになります。

 

体や髪の成長はおろか健全な精神の維持することさえ難しくなるかもしれません。

 

ですから、体や髪の成長を促し、平常心を保つためにも体内時計にあった睡眠

をとることが大切です。